Recent Publications
論文・総説

日本語・英語の総説等(2000年〜)

  • Ito, K., Mori, H. and Chiba, S. (2018)
    Monitoring substrate enables real-time regulation of a protein localization pathway.
    FEMS Microbiol. Lett., vol 365, issue 11.
  • 石井英治、森博幸(2017)
    ビブリオ属細菌における2つのタンパク質膜透過促進因子の生理的意義と使い分け機構.
    医学のあゆみ 261, 1178-1179.
  • Hizukuri, Y., Akiyama, K. and Akiyama, Y. (2017)
    Chapter One – Biochemical Characterization of Function and Structure of RseP, an Escherichia coli S2P Protease.
    Enzymology at the Membrane Interface: Intramembrane Proteases. Edited by Michael H. Gelb., Methods Enzymol., vol 584, pp 1-33.
  • 檜作洋平、秋山芳展(2015)
    膜内部でのタンパク質分解とストレス応答制御
    別冊・医学のあゆみ 「レドックスUPDATE ―ストレス制御の臨床医学・健康医学」(監修:平家俊男、淀井淳司) 医歯薬出版株式会社 pp 69-74.
  • 秋山芳展(2014)
    細菌表層ストレス応答システムの新機能の解明
    IFO Res. Commun. 28, 51-69.
  • Kroos, L. and Akiyama, Y. (2013)
    Biochemical and structural insights into intramembrane metalloprotease mechanisms.
    Biochim. Biophys. Acta. 1828, 2873-2885.
  • Ha, Y., Akiyama, Y. and Xue, Y. (2013)
    Structure and mechanism of rhomboid protease.
    J Boil Chem. 288, 15430-6.
  • 森 博幸、 塚崎智也(2013)
    細菌のタンパク質分泌を促進する膜タンパクSecDFの構造と機能
    化学と生物 51, 28-35.
  • Hizukuri, Y., Ito, K. and Akiyama, Y. (2013)
    RseP peptidase.
    Handbook of Proteolytic Enzymes, 3rd ed. (ed. Rawlings, N. D. and Salvesen, G.)
    Elsevier Ltd. pp1546-1550.
  • Ogura, T., Okuno, T., Suno, R. and Akiyama, Y. (2013)
    FtsH protease.
    Handbook of Proteolytic Enzymes, 3rd ed. (ed. Rawlings, N. D. and Salvesen, G.)
    Elsevier Ltd. pp685-692.
  • Akiyama, Y. and Ito, K. (2013)
    HtpX peptidase.
    Handbook of Proteolytic Enzymes, 3rd ed. (ed. Rawlings, N. D. and Salvesen, G.)
    Elsevier Ltd. pp 683-685.
  • Narita, S. (2011)
    ABC Transporters Involved in the Biogenesis of the Outer Membrane in Gram-Negative Bacteria.
    Biosci. Biotechnol. Biochem. 75, 1044-1054.
  • Ito, K and Mori, H. (2009)
    The Sec Protein Secretion System
    Bacterial Secreted Proteins (ed. K. Wooldridge) pp. 3-22.
    Caister Academic Press, Norfolk, UK
  • 森 博幸 (2009)
    立体構造解析からみえてきたSecAによる蛋白質の膜透過の駆動機構
    蛋白質核酸酵素 54, 685-695.
  • Akiyama, Y. (2009)
    Quality control of cytoplasmic membrane proteins in Escherichia coli.
    J Biochem. 146. 449-454.
  • 秋山芳展 (2008)
    DegS
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1038.
  • 秋山芳展 (2008)
    DegP
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1037.
  • 秋山芳展 (2008)
    表層ストレス応答
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 985.
  • 秋山芳展 (2008)
    ペリプラズム
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1000.
  • 伊藤維昭 (2008)
    表現模写
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 984.
  • 伊藤維昭 (2008)
    ポリペプチド鎖排出トンネル
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1003.
  • 伊藤維昭 (2008)
    RpoH
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1081.
  • 伊藤維昭 (2008)
    Sec経路
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1082.
  • 伊藤維昭 (2008)
    Secトランスロコン
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1082-1083.
  • 伊藤維昭 (2008)
    SecA
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1085.
  • 伊藤維昭 (2008)
    SecB
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1086.
  • 伊藤維昭 (2008)
    SecM
    「キーワード:タンパク質の一生」蛋白質核酸酵素(増刊)53, 1087.
  • Ito, K. and Inaba, K. (2008)
    The disulfide bond formation (Dsb) system.
    Curr. Opin. Struct. Biol. 18. 450-458.
  • Inaba, K. and Ito, K. (2008)
    Structure and mechanisms of the DsbB-DsbA disulfide bond generation machine.
    Biochim. Biophys. Acta. 1783. 520-529.
  • 前河早希、秋山芳展 (2008)
    Rhomboidプロテアーゼの細胞機能と作用機構
    Cognition and Dementia 7, 32-39.
  • 秋山芳展 (2007)
    水と油のコラボ:膜タンパク質の加水分解
    「タンパク質の一生集中マスター 細胞における成熟・輸送・品質管理」 p139.
  • 森 博幸 (2006)
    背中合わせより向かい合わせのほうが好都合?:トランスロコンのアセンブリー様式
    蛋白質核酸酵素 51, 169-170.
  • 酒向万智子、秋山芳展 (2005)
    大腸菌の膜タンパク質分解
    実験医学 23, 2358-2362.
  • Ito, K. and Akiyama, Y. (2005)
    Cellular functions, mechanism of action, and regulation of FtsH protease.
    Annu. Rev. Microbiol. 59, 211-231.
  • 秋山芳展 (2004)
    大腸菌表層蛋白質の品質管理
    蛋白質核酸酵素 49, 1054-1058.
  • 千葉志信、秋山芳展 (2004)
    大腸菌膜プロテアーゼによる膜の品質管理とストレス応答調節
    化学と生物 42, 86-92.
  • 森 博幸 (2004)
    タンパク質膜透過装置の新しい流れ;構造生物学の時代へ
    蛋白質核酸酵素
    (増刊「細胞における蛋白質の一生」生成・成熟・輸送・管理・分解・病態) 7, 950-958.
  • Akiyama, Y., Ito, K and Ogura, T. (2004)
    FtsH protease.
    pp. 794-798, Handbook of Proteolytic Enzymes 2nd Ed., Elsevier
  • 金原和江、秋山芳展 (2003)
    膜内部での蛋白質切断 (RIP) によるシグナル分子の生成 細菌から高等生物まで
    蛋白質核酸酵素 48, 836-841.
  • 才川直哉、秋山芳展 (2003)
    AAAプロテアーゼによる大腸菌膜タンパク質の品質管理
    バイオサイエンスとインダストリー 61, 306-311.
  • 森 博幸 (2003)
    ピストンモータ SecA の構造
    蛋白質核酸酵素 48, 159-160.
  • Mori, H. and Ito, K. (2001)
    The Sec protein-translocation pathway.
    Trends Microbiol. 9, 494-500.
  • 小椋 光、唐田清伸、千葉志信、秋山芳展 (2001)
    AAAプロテアーゼ
    蛋白質核酸酵素 46, 1679-1685.
  • 森 博幸 (2001)
    ヌクレオチド結合モチーフ A
    生体の科学 モチーフドメインリスト 52, 422-423.

日本語の総説等(1996〜1999年)

  • 小椋光、多賀也光男、友安俊文、伊藤維昭、秋山芳展、中井俊樹、大隅隆、塚本利朗(1996)
    AAAスーパーファミリータンパク質-新しいATPaseファミリーの構造とその多様な機能
    細胞工学15, 968-980.